専業主婦の場合

主に家事や育児のみをしているという、
いわゆる専業主婦の方の場合は、
条件としてはやはり、もっとも借り難い条件だといえます。
しかし、絶対に借りられないということありません。

ただし収入がある方の場合よりも、ハードルは少し高めに
なってしまうという点だけは肝に銘じておいてくださいね。

でも、本人に収入がない場合に、いったいどうやって審査を行うのでしょうか。
こういった場合は、旦那さんの返済能力を審査することのなるのです。
融資の条件として、「配偶者に安定した収入がある方」となっている場合であれば
申し込みが可能となります。

旦那さんの年収や勤続年数のほか、
信用情報が照会されることになるので、これまでの借り入れや、履歴などで
融資が可能かどうかの審査が行われます。

内緒で借り入れできるの?

そして、主婦の方が最も気なる点が、旦那さんに内緒で借り入れができるかどうか?
ではないかと思います。

これは消費者金融で「配偶者に安定した収入がある方」
という条件を明記している業者の場合であれば、
ほとんどの場合、旦那さんに知られることなく融資を受けることができるケースがほとんどです。
とはいえ、申し込み時に申告した勤務先に、実際に旦那さんが働いているか?
などのいわゆる在籍確認は、ほぼ必ず行われるようです。

具体的にはどういった形での在籍確認をするのかというと、
勤務先に電話をかけて、確認を行うのですが、
この際に、消費者金融であるということは伏せて、別の要件での電話
という形で確認が行われるのです。

よくあるのが、保険の勧誘という形で、○○さんいらっしゃいますでしょうか?
などという感じで電話をかけます。保険の勧誘という形であれば、
ちょっと突っ込んだ質問をしても怪しまれませんからね。

ただ、申し込みの際に、旦那さんに知られたくないという旨は、
しっかりと伝えておく必要がある
ことはいうまでもありません。
消費者金融としても、きちんと返済してくれる見込みのある人には、
できるだけ多く融資を行いたいというのが本音ですから、
こういった対応をしてくれる場合がほとんどです。

どちらかというと銀行系

上記に触れた「配偶者に安定した収入がある方」という条件を掲げている業者というのは、
どちらかというと、銀行系のカードローンなどに多いです。
この場合、純粋な消費者金融系の業者よりは、多少審査は厳しい傾向にあります。

また、いわゆる大手ではない消費者金融でも、このような条件を掲げている場合が多いです。
こういった規模の小さな、あまり知られていない業者を利用せざるを得ない場合には、
きちんと貸金業者として、登録を行っている業者か?悪徳業者ではないか?
良く調べた上で利用するようにしましょうね。

他のページ

主婦のための 消費者金融講座
主婦とは
パートなどの収入がある場合
消費者金融の利息計算