消費者金融の利息計算

借り入れをした場合には、当然ながら返済時には利息分も一緒に支払うことになります。
現在の利息制限法では、借り入れ金額毎に上限金利が定められていて、
それぞれ以下の通りとなります。

・10万円未満の借り入れ 年20%
・10万円以上100万円未満の借り入れ 年18%
・100万円以上の借り入れ 年15%

では具体的な利息計算方法はといいますと、

利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数 = 利息

となります。

20万円借り入れ場合

例えば20万円を借りた場合、一ヶ月にかかる利息は、

20万円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 2,958円

一ヶ月後に1万円を返済した場合は、利息分が2,958円となりますので、
元金の返済に充てられるのは7,042円となります。
そうすると返済後の利用残高は

20万円 - 7,042円 = 192,958円

翌月にはこの利用残高に対して同様の計算をすることになりますから、

192,958円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 2,854円

利息分は2,854円となり、元金の返済に充てられるのは7,146円となります。
2ヵ月後の繰越利用残高は、

192,958円 - 7,146円 = 185,812円

となります。

負担となる利息分をきちんと把握

2ヶ月分で合計2万円を返済したわけですが、
利息分があるため、実際に返済したことになる金額は
14,188円ということになります。
このペースで完済まで同じ計算方法によって返済を続けることになりますので、
実際にはかなりの負担額となってくるということを知っておいたほうがよいでしょう。

それでも、どうしても手元にお金がなくて、
どうしても必要なお金であるという場合に、上手に利用するのが
消費者金融をより賢く活用するための第一歩であるともいえますね。

お得な無利息キャッシング

消費者金融でのキャッシングは、基本的に金利分が業者の利益となるわけで、
無利息での融資というのはありえない話でした。
しかし、このところの業界内の熾烈な顧客争奪戦によって、
苦肉の策として打ち出されたサービスに、無利息キャッシングというものがあります。

初回利用限定であったり、それまでの借り入れ分を完済している必要があったりと、
条件はさまざまですが、1週間などの一定期間であれば無利息でキャッシングが可能
というサービスがあります。

給料日には、確実に返済できるから数万円だけ借りたいとか、
無利息期間内に返済の目処が立っている場合などには、非常にお得なサービスであるといえます。

他のページ

主婦のための 消費者金融講座
主婦とは
専業主婦の場合
パートなどの収入がある場合