総量規制って何?

消費者金融から融資を受ける場合、知っておきたい事項のひとつに総量規制があります。
政治や経済のことを良くご存知の主婦の方であれば、既にご存知かとは思いますが、
消費者金融などからの融資を、行ったことがないという方の場合、
ご存知でない場合もあるかとも思いますので、改めて触れておきたいと思います。

総量規制とは、2006年から段階的に施行された、
貸金業法の改正に伴って、取り入れられた規制で、
年収の3分の1を超える借り入れを
原則として禁止するきまり
です。

多重債務者を救済するという目的によって、
貸金業法の改正は行われました。
実際に多重債務者の救済につながったかどうかについては、ここでは触れませんが、
この総量規制が導入される前は、年収によって借り入れできる金額が規制されるということが、
なかったことだけは事実です。

審査についても、現在よりも比較的容易に通過することが可能ではありましたので、
このことを原因として、多くの多重債務者を生み出す結果となってしまったということは
たしかにいえることだと思います。

旦那さんの年収

では、専業主婦の方が融資を受ける場合、年収の判断はどうなるのかというと、
旦那さんの返済能力を審査されるわけですから、総量規制という観点から見れば
旦那さんの年収の3分の1までが借り入れできる上限ということになります。

ちなみにこの総量規制については、貸金業法によるきまりですので、
対象となるのは、消費者金融からの借り入れ、クレジットカードのキャッシング枠などの、
貸金業者からの借り入れの総額を指します。

銀行からの借り入れは、貸金業者からの借り入れではありませんから、
総量規制の対象外となります。
さらに、住宅ローン、自動車ローン、おまとめローンなども
総量規制の除外項目として規定されていますから、
すでに住宅ローンを組んでしまっていて、借り入れという点では
多くの金額を借り入れてしまっているというご夫婦が、
新たに借り入れを行うという場合でも、住宅ローンの借り入れ分に関しては含まれません。

パートの収入

パートで収入を得ているという主婦の方の場合であれば、いうまでもありませんが
そのパートでの年収の3分の1までが融資が可能な金額となってきます。

しかしどのような場合においても、年収の3分の1ギリギリまで借り入れができるとは限りません。
業者によっても、融資を受ける人の履歴などによっても、
融資可能な額の上限は変わってきますので、
そのあたりは審査次第と考えておくのが無難であるといえるでしょう。